Search
  • SEO Specialist

Google Chromeは混合コンテンツをブロックします。


Googleは、Chromeブラウザが2019年12月から混合コンテンツを含むWebページのブロックを開始すると発表しました。パブリッシャーは、安全でないHTTPプロトコルを使用してロードされるリソースがないことを確認するためにWebサイトを確認することをお勧めします。

混合コンテンツとは

混合コンテンツとは、安全なWebページ(HTTPSを介して読み込まれる)に、安全でないHTTPプロトコルを介して提供されるスクリプト、スタイル、画像、またはその他のリンクされたコンテンツが含まれる場合です。これは混合コンテンツと呼ばれます。

混合コンテンツは、Webサイトだけでなくサイト訪問者にもセキュリティ上のリスクをもたらします。


混合コンテンツに関するGoogleの開発者ページによると

「コンテンツが混在すると、HTTPSサイトのセキュリティとユーザーエクスペリエンスが低下します。 …これらのリソースを使用して、攻撃者は多くの場合、侵害されたリソースだけでなく、ページを完全に制御できます。

Google Chromeが混合コンテンツを処理する方法

現在、Googleは混合コンテンツを含むページをロードします。Chrome 79が導入された2019年12月から、Googleは次の2つのことを行います。Googleは、httpsにリソースが存在する場合、httpコンテンツをhttpsに自動的にアップグレードします。GoogleはChromeがブロックしている安全でないリソースのブロックを解除するためにChromeユーザーが使用できるトグルを導入します。これは完全なブロックではありませんが、ユーザーがセキュリティ警告を表示するサイトからバックアウトすることを選択する可能性があるためです。これは、パブリッシャーにとっては悪い経験であり、売上、訪問者、および広告ビューの減少につながる場合があります。2020年1月から、Googleはブロック解除オプションを削除し、混合コンテンツWebページのブロックを開始します。


4 views
44.png

​コンテンツ

SEO対策

​制作する

Webトラフィック
SEO外部対策
SEO内部対策 改善
ソーシャルメディア
​ショッピングサイトSEO
キーワードリサーチ
中古ドメインリサーチ
​インフルエンサー (世界)
​Etc...

SOCIAL MEDIA

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

Copyright 2018 Stardust Communications Inc. All Rights Reserved.    
迷惑、脅し、クレーマー、中傷メールと判断された場合、IPアドレスを調査して法的にあなたを対処します。