Search
  • SEO Specialist

GoogleがNofollowに大きな変更を加え、2つの新しいリンク属性を導入。



Googleはnofollowリンク属性を進化させており、Googleがリンクの性質を理解できるように追加の属性を導入しています。rel =“ nofollow”を結合する2つの新しいリンク属性は次のとおりです。rel =“ sponsored”:広告、スポンサーシップ、または同様の契約の一部として作成されたサイト上のリンクを識別します。rel =“ ugc”:コメントやフォーラムの投稿など、ユーザーが生成したコンテンツ内に表示されるリンクを識別します。今後、これら3つの属性のそれぞれは、ランキングリンクとして除外するリンクに関するヒントとして扱われます。これは、これまでのように無視されないことを意味します。これらのリンクを完全に無視しないのはなぜですか?Googleの説明は次のとおりです。

「リンクには、リンク内の単語が指すコンテンツをどのように説明するかなど、検索の改善に役立つ貴重な情報が含まれています。遭遇するすべてのリンクを見ると、不自然なリンクパターンをよりよく理解するのにも役立ちます。ヒントモデルに移行することで、この重要な情報が失われることはなくなりましたが、サイト所有者は、一部のリンクにファーストパーティの承認の重みを与えてはならないことを示すことができます。

これらの変更がSEOとサイト所有者にとって意味するものは次のとおりです。


SEOとサイト所有者が知っておくべきこと

リンク属性は依然として重要 です。リンクスキームのペナルティを回避するために、広告とスポンサーリンクにフラグを付けることは同じくらい重要です。Googleは「スポンサー付き」の使用を好みますが、「nofollow」でも問題ありません。


既存の属性を変更する必要はありません 既存のnofollowリンクを変更する必要はありません。Googleは、現在設定されているnofollow属性を引き続き尊重します。また、SEOやサイト所有者が「nofollow」属性を使用して広告やスポンサーシップに関連するリンクにフラグを付ける方法を変更する必要もありません。ただし、必要に応じて「スポンサー」属性に切り替えることをお勧めします。


新しい属性を正しく使用する方法 1つのリンクで複数の属性を使用できます。たとえば、ユーザーが生成したコンテンツ内に表示されるスポンサーリンクの場合、rel =“ ugc Sponsored”は受け入れられます。

Googleは、スポンサーリンクの場合を除いて、使用する間違った属性はないと述べています。リンクが実際に広告またはスポンサーシップの一部ではないときにスポンサー付きとしてマークされている場合、影響は軽減されます。


「...そのヒントは表示されますが、影響があったとしても、せいぜいリンクを別のページのクレジットとしてカウントしない可能性があります。この点で、すでにnofollowとしてマークされている多くのUGCおよび非広告リンクの現状と変わりはありません。」

一番下の行–明らかに広告またはスポンサーであるリンクは、「スポンサー」または「nofollow」を使用する必要があります。これらの変更は本日有効になります3つのリンク属性(スポンサー、ugc、およびnofollow)は、今日から機能します。スポンサー属性とugc属性は「ヒント」として扱われます。Nofollowは、2020年3月まで常に同じように機能しますが、その時点でもヒントとして扱われます。最初から推奨されていなかったnofollow属性のみに依存する場合は、新しい属性のいずれかに切り替えることを強く検討する必要があります。


1 view
44.png

​コンテンツ

SEO対策

​制作する

Webトラフィック
SEO外部対策
SEO内部対策 改善
ソーシャルメディア
​ショッピングサイトSEO
キーワードリサーチ
中古ドメインリサーチ
​インフルエンサー (世界)
​Etc...

SOCIAL MEDIA

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

Copyright 2018 Stardust Communications Inc. All Rights Reserved.    
迷惑、脅し、クレーマー、中傷メールと判断された場合、IPアドレスを調査して法的にあなたを対処します。