Search
  • SEO Specialist

調査により、消費者にとって最も迷惑なデジタル広告の種類が判明 !!


米国のデジタル広告購入者に対する調査では、どのタイプの広告が消費者にとって最も迷惑になる可能性が高いかが明らかになりました。調査会社は米国のデジタルバイヤーのパネルを調査し、有用または迷惑な広告の種類について調査しました。おそらく驚くことではないが、デジタル購入者の3分の2は、音声付きの自動再生ビデオ広告は迷惑だと考えており、最も迷惑なタイプのオンライン広告になっています。2番目は、音声なしで自動的に再生される動画広告で、音楽ストリーミングサービスの音声広告がそれに続きます。リストの残りの部分は、検索結果、ソーシャルメディア、およびWebサイトのパーソナライズされた広告で構成されています。完全なリストと、広告の種類が迷惑だと答えた回答者の割合を以下に示します。


・音声付きのWebサイトで自動的に再生されるビデオ広告– 66.7%

・音のないWebサイトで自動的に再生されるビデオ広告– 55.0%

・オーディオ広告(音楽ストリーミングサービスまたはポッドキャスト)– 47.4%

・オンライン検索に基づいて表示される広告– 42.4%

・すでに購入した製品のWebサイト上の静止画像(バナー広告)– 36.7%

・興味や行動に基づいてターゲットを絞ったソーシャルメディアフィードの広告– 36.3%

・閲覧したが購入していない製品のWebサイトの静止画像(バナー広告)– 34.2%


回答者の全体の10%が、デジタル広告を迷惑と見なさないと回答しています。このデータに基づいて、消費者はブラウジング/ショッピングアクティビティにあまり密接に結び付けられていない限り、邪魔にならないタイプの広告を好むことが容易にわかります。コンテンツを無料に保つためには広告サポートが必要であるため、これは広告主にとって維持するのが難しいバランスです。回答者の半数以上が2019年7月の調査時点で広告ブロッカーを使用していると述べていると指摘しています。「イライラ」が少なくなった場合、広告をブロックする可能性が低くなるかどうかを知ることは興味深いでしょう。

1 view
44.png

​コンテンツ

SEO対策

​制作する

Webトラフィック
SEO外部対策
SEO内部対策 改善
ソーシャルメディア
​ショッピングサイトSEO
キーワードリサーチ
中古ドメインリサーチ
​インフルエンサー (世界)
​Etc...

SOCIAL MEDIA

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

Copyright 2018 Stardust Communications Inc. All Rights Reserved.    
迷惑、脅し、クレーマー、中傷メールと判断された場合、IPアドレスを調査して法的にあなたを対処します。